採用情報

スタッフインタビュー

採用情報 > スタッフインタビュー > 迫田 進一朗

迫田 進一朗

男性46歳 勤続17年(店長)

迫田 進一朗

入社のきっかけ

元々は島で育った自分なのですが、音楽で食べていきたいという夢を追い、東京に出てきました。
その時にアルバイトをしていたのが六歌仙です。
5年程のアルバイト勤務を経て、オーナーからお声掛けいただき、社員として勤め始めました。
オーナーはとても心が広く、なにより社員・アルバイトを信頼している姿勢がとても尊敬でき、憧れの人物でもあったため、恩返しという思いもありましたね。

夢に区切りをつけ、六歌仙に正社員として入社を決めたのには、居心地がとてもいいこともあります。
従業員同士の人間関係もよく、アルバイト・社員問わず、お客様を喜ばせたいと一丸になって取り組もうとする姿勢をいつも感じています。
海外のお客様も多く、着物のアルバイトさんを見て笑顔になってくれ、記念撮影等も頻繁に撮られますが、アルバイトもお客様もこんなに笑顔のお店は見たことがありません

六歌仙の魅力

六歌仙の魅力は正直数えきれないくらいあります。
なので、ここでは六歌仙魅力の二つだけ述べようと思います。
  1. 従業員が個性豊かで、皆仲が良く家族のように仲がいいこと。
    従業員は大事な家族です。
    だからこそ、注意するときはしっかり注意もします。
    ただ、大事に思ってるからこそ、わからないことは丁寧に教えますし、自分が元バンドマンだった経験から学生・フリーターさんの気持ちも理解ができます。
    都合の休み等、いつでも気軽に僕まで相談ください。
  2. お客様のことを本気で考えている。
    従業員にとても優しい六歌仙ですが、従業員への優しさはお客様にもしっかり向いています。
    通常の飲食店なら提供できないような効果の食材を、ものすごい低価格で提供しています。
    お客様は海外の方や記念日に利用される方も多く、 [「特別な日」を特別な食材でお迎えしたい] そのために、価格を低くする。 そんな六歌仙の「想い」にいつも心打たれます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加